導入事例

従業員の老後の年金を準備するための福利厚生制度として導入

 個人が受け取った給与から積立てる場合と違い、確定拠出年金として会社から給与として支給される前(所得税や住民税を引かれる前)に積み立てできる有利な制度です。掛金を拠出するどうかは自由で、拠出しない従業員にはデメリットは全くありません。

小規模の会社で導入

 制度導入は1名から可能です

 現在役員だけで、従業員がいない企業でも導入可能です。ただし、将来従業員が入社したときに加入できるように従業員のための制度を準備することが条件となります。

 また、制度を導入して従業員の加入がゼロだとしても、経営者だけの加入もできます。

 

優秀な人材確保のために

 これまでは退職金制度を実施してこなかった会社が、優秀な人材確保とスタッフの老後資金確保のため、確定拠出年金制度を導入。

お困りの事業場の方、お気軽にご連絡ください。メールでのお問い合わせはこちら